今月の一枚

No.7 胃透視は充盈像が重要

下の胃透視画像は、左右とも同一人物・同一部位のものである。
左は人間Dockでバリウムを服用した状態である。
右は、人間Dockで精査となり、GF後、ガストロで再検査となった画像である。

左の胃透視では、蝸牛角状飜転により立位充盈像で胃角が描出不良。
二重造影像で前庭部に所見があったため、GF精査の運びとなった。GFでは、胃透視では指摘できなかった、胃角部の潰瘍を認めた。

GF後の再検査では、胃角の描出に注意し、造影剤量や体位を工夫して撮影したもので、胃角部の、「小弯短縮」「陰影欠損」「直線化」を認める。これは胃角部の病変を示唆する所見である。

Copyright © 2018 Kuki-Medical-Clinic All Right Reserved.Designed by polca design