各種委員会

医療安全管理委員会

医療安全推進者 放射線科:村井

医療業務という仕事は、業務の幅が広く、複雑な労働(頭脳的・技術的・肉体的)や個別のサービス(物的・心理的)を分業で行い、その行為の失敗が直に人命に関わりやすいという特徴があります。
このような特徴から業務を行う過程の中で、患者様にとって様々なリスクが生じます。
そこで、患者様が安全・安心な医療を受けられるために、医療安全管理委員会は様々な活動を行い、患者様に生じるリスクがより低く(人間行動学からもゼロは不可能です)なるよう努力しています。
それはけっして終わることのない努力です。


>>さらに詳しく

院内感染対策委員会

委員 臨床検査科:

  • 毎月1回院内感染委員会を行い、問題点を議論、検討し議事録を残す
  • 毎月10日に院内落下細菌検査を病院内の5箇所で行う
  • 厨房職員の細菌検査
  • 感染状況の把握と対策
  • 滅菌、消毒、手洗いの徹底

褥瘡対策委員会

委員 病棟看護師:高附・倉持 栄養士:高橋

褥瘡(じょくそう)委員会では、看護師2名・栄養士1名を主に、病棟スタッフ皆で活動しています。
褥瘡とは、一般的に『床ずれ』のことをいいます。(以下、褥瘡とします)

当院に入院する全ての患者様を対象に、褥瘡を創らない事を目標に、入院時より褥瘡の有無や褥創リスクについて評価し、統一したケアを実施・定期的の評価をしています。


>>さらに詳しく

福利厚生委員会

委員 医務課:竹内

福利厚生部の活動目的
昨今の医療は特にチーム医療が重要視され、職員間のコミュニケーションが重要な鍵になります。
職員同士の懇親を深め、より柔軟性のある関係作りの手段として懇親会を開催し、コミュニケーション(ほう・れん・そう)がとりやすい職場作りを目指します。


>>さらに詳しく

広報委員会

委員 理学療法科:新谷・四方田

  • 年に4回を院内新聞を発行していく
  • ホームページの更新

Copyright © 2018 Kuki-Medical-Clinic All Right Reserved.Designed by polca design